運動はしなきゃダメ?Part.1

最近は寒暖の差が激しいですね。

体調を崩している方もおおくみられますね。

早く暖かくならないかなぁ。



さてこれからは、患者様からよくある質問をご紹介し、誰が呼んだか私、ムッチー先生が自分の治療観を頼りにお答えします。

(実は某K-1王者が一番最初だったと記憶してます笑)


Q、健康のためには運動しないとダメですか?または、どんな運動が一番良いですか?


【ムッチーeye’s】


これ本当に多いです。私も身に染みています。体育大を卒業しているのに運動嫌い…めんどくさいが口癖…いやいや、いまは頑張って空手行ってます!たまに。笑


さて、いや、特に運動しなければ健康が手に入らないことは無いと思います。

でも勿論運動後は必要な場合は沢山あります!

でも運動が苦手だったり嫌いな人は病気や身体の辛さから逃れられないのか…では無いのです。


例えば現代人に多い『肩凝り』

これも運動によって改善された⁈という方もいらっしゃる一方、とりきれない、減らない…という方もいらっしゃいます。

これは改善させる時間と肩を凝らせている時間の差が大きい場合だと思います。

極端な例ですが、毎日30分運動しても、肩を懲らせてる時間が残りの23時間30分だったら、そりゃ勝てないですよね。

そして、運動は肩凝りに対する対処でしか無いのが現実です。


実際、筋肉の凝りとは、簡単に言うと筋肉が何らかの理由で硬く血行が悪くなりその部分の疲労が取れず痛みや重さを頭が感じている場合の事をさします。この凝りや硬さは一定時間以上、筋肉を伸ばし続ける事で起こる事が多いです。


ポイントは、肩凝りに関しては完全に頭と腕の支え方ですね。


肩凝りはやはりデスクワークの人にとっては天敵です。なんせ頭と腕を前に出し続けますからね。


実は頭の重さは、体重の10%から15%もあると言われ、腕も成人男性では4圓曚匹△襪箸盡世錣譴討い泙后

いやー。こんな重いものを前に出して支え続けたら疲れますよね。運動してない人なら30分で限界です。

いくらムキムキでも、人間の筋肉は持続的な維持が一番負担が掛かると言われてます。

バーベル100圓鮨会ベンチプレス出来ても、それを手持ち続ける事は無理です。

筋肉は使い続ける事を苦手とするのです。


そしてこれを筋力でなんとかしようとしても難しいところが困った所です。


所が人体には使い続けられる箇所があります。しかも痛みを感じにくい!


それは『骨』です。


骨には神経が通ってません。だから『私知らない間に背骨が圧迫骨折しちゃってー』なんて言うお婆ちゃんが存在するのです。実際には骨の表面の骨膜や血管には神経が通ってますので骨折して骨が分離するなりして神経や血管を損傷させると痛みが出ます。

私も左腕を骨折してプレート入ったますが、もし骨に神経があったらなら、かなりの拷問です笑


と、まあ話が逸れましたが、実は骨を上手く使う事で筋肉の疲労を減らすことが出来るのです。


コツを掴むの語源は『骨』を掴むです!

皆さんは骨掴んでますか?


『デスクワークで肩凝りを減らすには、実は頭の位置とそれを固定する関節』なのです。本来首は頭が乗っているだけの部位です。前に出ている重い頭を支える所ではありません。こんなに重いものを細い首で支えるなんて理にかなってませんよね。だから凝るんです。頭を首の骨の頸椎に垂直に乗せる…ことが出来れば苦労はないわ!と聴こえてきそうですが、そうです、難しいのは背中がソレない人。頭を垂直にするには背中の骨の胸椎のしなりと腰椎の前弯(反り)が必要です。

その為には骨盤はやや前傾(お尻を出すような姿勢)が必要…とあれこれ必要のなってくるのです。


そしてこれを『固定』出来ないと筋肉の負担が減りません。これは筋力ではありませんよ?

それは『関節』であり、股関節です。


は?え?


マタカンセツ?


いやはや立ってる時に肩凝りしにくいのは実は股関節に体重が掛かっているからなんですよ?

でも猫背が酷けれは懲りますけどね。


なんだか、長くなりそうな予感がしてきましたね…

今日はこの辺で!次回はこの、股関節を使った座り肩をご紹介致します!


とりあえず、ちょっとお尻出して。胸張って座ってみて下さい。肩凝りも改善しますが、意中のあの人から「あれ?痩せた?」なんて言われちゃうかも!笑


さあ、今日も骨掴んで行こうぜ!


良い一日を!


| ヘルスケア | 12:37 | comments(0) | - |

「梅の効用」

 

 

7月に入り梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

骨 盤子です!

 

今日はこの時期が旬で夏バテ防止にもおすすめな「梅」の効用をご紹介します!

 

東洋医学では、食毒・水毒・血毒(*1)という三つの毒が原因で病を引き起こすと考えられています。

五行論で梅はこの三毒を解消する最も適した食品だと言われており、百花に先駆け花を咲かせる梅は梅雨に打たれるほど身を膨らませ、この後にやってくる蒸し暑い夏を乗り切る為に必要な要素を沢山持っている優れものなのです。

 

中医学で梅肉は解毒・鎮痛の作用を向上させ、食中毒の予防・改善を図るものと重宝されており、梅干しにすれば塩分不足による熱中症の予防となり、利尿作用が向上し浮腫みの改善にも繋がります。さらには紫蘇の辛みが腸内環境を整え便秘改善に効果絶大です!

 

西洋医学的にも梅に含まれるクエン酸は、酸性に傾きやすい夏の食事を弱アルカリ性に戻し、疲労回復はもちろんの事、カルシウムの吸収を促進させ骨粗鬆症の予防にもなってくるといわれています。

 

身体で作る体温は、筋肉、肝臓、胃腸がメインだといわれており、特に睡眠中などの安静時には体温作りの半分以上は肝の役割だとされています。中医学的には肝が筋を司るとされ、梅肉にも身体を温める作用があります。

ぜひ梅を毎日の食卓に取り入れ、夏のクーラー病からも身体を護り夏バテ知らずな毎日を過ごしましょう。

 

(*1)

食毒……消化不良などにより胃に食物が停滞、腐敗によって生じる毒。頭痛・頭重感・肩凝り・耳鳴り・眩暈・動悸・便秘・冷えなどの引き金となる。

水毒……水分代謝の低下。中医学では『水滞』『痰飲』と表す。咳・喘鳴・息切れ・悪心・嘔吐感・口渇浮腫を引き起こす。

血毒……血行不良。血液成分の不足や血液量の低下、血流の阻害。月経異常・頭痛・頭重感・肩凝り・眩暈不眠・冷え・のぼせなどを誘発する。

 

Body works Tokyo』では、ちょっとした不調やお悩みを丁寧に問診し、お客様の症状にあわせた施術を行っています。

どんな症状にお悩みですか?

お気軽にご相談下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

それでは、また・・・骨 盤子でした!

 


BODY WORKS TOKYO

URL  http://bodyworks.tokyo

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

お問い合わせはこちら ※HPの問い合わせフォームが開きます。

 

| 食事のこと | 08:26 | comments(0) | - |

見た目マイナス3キロ!

 

穏やかで過ごしやすい季節となりましたが皆さまお元気でしょうか?

お久しぶりの骨 盤子です!

六山先生にBWTブログの留守番をお願いしてお休みしていた骨 盤子ですが無事に帰って参りました!

 

さて、5月も後半にさしかかりそろそろ夏に向けてのダイエットをはじめよう!そんな方も多いのではないでしょうか?

日中は汗ばむようなこともあるこの季節。サッと上着を脱ぎたいですよね。ダイエットの結果が出るまでなんて待っていられない!そんなときは姿勢を正すだけで見た目マイナス3キロの効果が期待できる骨盤矯正がおすすめです!

 

先ず、薄着になって気になるのはどこでしょう。

ご相談の中で多いのが「二の腕」「ウェスト」「ヒップ」「モモ」このどれもが、体重を変えずに痩せて見せる事が出来るのです。

筋肉は縮んだり硬くなると太く見えるのです。

 

正しい姿勢とは、筋肉に無理な負荷のかからない姿勢のことをいいます。

使い慣れない筋肉を使うこともあるので維持が難しいと言われますが、それは骨盤が水平でなかったり骨盤を支える股関節の左右の角度がアンバランスだったりと、すでに土台を支えるのに無駄な力を使ってしまっているからです。

土台が安定すると上半身を少ない力で操作する事ができ、そのため正しい姿勢を楽に維持する事ができるのです。

体重が減るには時間がかかりますが、痩せてみせるのは一瞬で可能です。

久しぶりに会う友人に「あれ?ちょっと太った?」なんて言われる前に、是非体験してみて下さい!

 

Body works Tokyo』では、ちょっとした不調やお悩みを丁寧に問診し、お客様の症状にあわせた施術を行っています。

どんな症状にお悩みですか?

お気軽にご相談下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

それでは、また・・・骨 盤子でした!

 


BODY WORKS TOKYO

URL  http://bodyworks.tokyo

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

お問い合わせはこちら ※HPの問い合わせフォームが開きます。


| ヘルスケア | 08:26 | comments(0) | - |

免疫力アップに冷蔵庫のアレ!

 

BWTブログへようこそ!

本日のブログは六山がお届けします。

 

最近特に寒くなり、風邪が流行っておりますが体調など崩されていませんでしょうか?

インフルエンザと学級閉鎖がまるで年中行事のように扱われていますが、これは近年のカロリーオーバーと栄養不足により、大人に限らず子供の免疫力が低下し、それが体力低下にまで関係してきているように感じます。

 

今日は、こんな時期にこそ最適な免疫力アップの方法を紹介しようと思います!

その一つが私の大好きな『卵!』そう、六山は最近卵にハマっています。

糖質オフの食事には欠かせないアイテムであり、おやつ代わりに茹で卵を食べる毎日です。

 

卵はビタミンC以外の栄養素を全て含んだ、完全栄養食品と言われています。

卵黄に多く含まれる『レシチン』は、悪玉コレステロールや中性脂肪を融解し動脈硬化や脳血管障害の予防、さらに神経伝達物質であるアセチルコリンの生成にも関係し認知症の予防や改善も期待されているのです。

 

『土用の卵』という言葉はご存知でしょうか?

一般的には、土用の丑の日は鰻というのが有名ですが、『土用』というのは、立春・立夏・立秋・立冬から前月の18日間を指しています。この時期は季節の変わり目なので、多くの方が不調を訴える時期でもあります。そのためこの時期に滋養の高いものを食べることが望ましいとされているのです。(諸説あり)

 

そして、この土用の時期に産まれた卵を『土用卵』と呼び、東洋医学では最も滋養が高いとされ重宝されています。

やはり免疫の落ちやすい時期にはしっかりと適した食事をしなくてはならないのですね。

残念ながら立春が過ぎてしまいましたので、次の土用にはお試しください。

 

********************

【参考】『土用』とは?

四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、18日(または19日)の期間のことです。

■春夏秋冬の『土用』

•立春(2/3or4or5)の前約18日間:1/172/3

•立夏(5/4or5or6)の前約18日間:4/175/4

•立秋(8/6or7or8)の前約18日間:7/208/6

•立冬(11/6or7or8)の前約18日間:10/2011/6

********************

 

では、その卵を免疫力アップのためにいただく方法の一つとして『卵醤』というものはご存知でしょうか。

字の通りに「卵と醤油」です・・・作り方は、いたって簡単。

卵を割り、割れた殻半分に濃口醤油を一杯に注いだものを混ぜるだけです。

※普通のスーパーではあまり見かけませんが、有精卵のほうが『精を頂く』と言う意味では有効かと思います。出来れば醤油も天然塩を使った本醸造のものが最適です。これを23日に一回34回程度飲みます。症状が酷ければ一日1回、3日ぐらい連続で飲みます。

これは昔から漢方的な民間療法として親しまれている方法で、健康な人が飲むとしょっぱく感じるかもしれませんが、疲労困憊な時、冷え性の酷い方、急な腰痛、また、酷い花粉症も劇的に改善したという話も聞きます。

私は疲れている時や風邪っぽいなと思った時に食しますが、効果てき面!オススメです。

 

しかしながら、即効性があるとはいえ、ある意味極端な療法なので用法や回数などには注意が必要です。

個人差によって、不快感や胸焼け等を起こすこともあり、決して効果を保証するものではありませんので、あくまでも一案として捉えて頂けたら良いと思います。

 

世の中には沢山の『論』があります。

様々な情報が錯綜する昨今、世界情勢も含め他力本願でバカを見るのは自分自身です。テレビや専門書で情報を得ても、それはを必ず考察する必要があります。

健康は『姿勢』『食事』『睡眠』『呼吸』『運動』そして『考察』です。

入力だけに躍起にならず必ず行動し出力しながら健康を『考察』していきましょう。

私も日々勉強を重ね、日常の『何故』を大切にし皆様のお手伝いが出来れば嬉しいです。

 

Body works Tokyo

代表 六山徹哉

 


BODY WORKS TOKYO

URL  http://bodyworks.tokyo

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

お問い合わせはこちら ※HPの問い合わせフォームが開きます。


| ヘルスケア | 08:26 | comments(0) | - |

先ずは身体から

 

BWTブログへようこそ!2017年 初ブログは六山がお届けします。

 

早いもので1月も後半に入りました。

正月気分も薄れてきたこの頃ですが、皆さまどんなお正月をお過ごしでしたか?

 

『Body works Tokyo』は1月5日より営業していますが、多くの患者様から

 

「お正月に食べ過ぎて・・・」

「のんびりしすぎて体操休んじゃった・・・」

 

こんなお声をよく聞きます。

 

年末年始は長期休暇やイベントなどにより食や睡眠、そして“姿勢”も乱れてしまいます。

人間は、心拍・血圧・体温・生理周期・・・等、あらゆることにおいて一定を好む動物ですから、こういった乱れを嫌います。

 

これは東洋医学の『陰陽五行論』の考え方にあたり、簡単に説明すると「万物は陰陽五行で分類され、自然と調和しながら過不足を補ったり減らしたり、いつも平静を保つ事を良しとする」ということです。

 
五行の中で一月は『春』です。

春はウキウキしたり、そわそわしたり、そして体調を崩しやすい季節でもあります。

 

寒暖の差による風邪・花粉症・アレルギー・食べ過ぎ・飲み過ぎ・ストレス・・・これは『肝』を傷つけやすい季節だからです。

肝が傷付くと目の疲れに繋がりますので、目には青白い朝陽が良いでしょう。

早起きして朝陽を浴び、青々とした木々を臨みながら姿勢を正して散歩してみて下さい。

 

また『肝』を養う食べ物は梅干しや柑橘系の果物などの『酸味』です。

食事には『酸味』を取り入れサッパリと心掛け、徐々にこれから訪れる暑い夏に備えるのです。

 

自然と調和が生まれ、これまで心掛けていたリズムが取り戻せるはずです。

リズムを取り戻すには時間が必要ですが、実は歪みをスカッと整えるだけでその他のリズムも整いやすくなります。

 

春は始まりの時・・・何かを始めるにはまずその土台である自分をニュートラルにする必要があります。

先ずは身体から!

 

それでは2017年も『Body works Tokyo』と『BWTブログ』をよろしくお願い申し上げます!

 

Body works Tokyo

代表 六山徹哉

 


BODY WORKS TOKYO

URL  http://bodyworks.tokyo

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

お問い合わせはこちら ※HPの問い合わせフォームが開きます。


| ヘルスケア | 08:26 | comments(0) | - |

種蒔きを終えて

 

 

BWTブログへようこそ!骨 盤子です。

 

早いもので今年もあと3日、昨日が仕事納めだったという方も多いのではないでしょうか?


順調に更新していたBWTブログもこの一ヶ月半、すっかりお休みしてしまいました。

 

といっても、骨盤子がブログをお休みしていただけで、『Body works Tokyo』は来年のチャレンジに向けて休みなく作戦会議を重ねているところであります!

 

来年のブログは無理のないペースで『Body works Tokyo』の“今”を確実にお伝えしていきますので、気長にお待ちいただけたらと思います。

 

さて、2016年を振り返ると『Body works Tokyo』は種蒔きの一年だったように思います。

2017年はしっかりお水をあげて太陽を浴びて、新しい芽が出せるようこれまで以上に頑張ってまいります!

 

皆さまはどんな一年でしたか?

年末年始はやることが多く頑張りすぎてはいませんか?

そんな時は無理をせず身体の声を聞きながらゆっくり、深く、深呼吸してみましょう。

 

それでも身体の悲鳴が聞こえる?そんな時はどうぞ身体のメンテナンスを受けにいらしてください!

 

2016年も『Body works Tokyo』と『BWTブログ』をご愛顧いただき誠にありがとうございました!

 

皆さまどうぞ、良いお年をお迎えください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

それでは、また・・・骨 盤子でした!

 


BODY WORKS TOKYO

URL  http://bodyworks.tokyo

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

お問い合わせはこちら ※HPの問い合わせフォームが開きます。


 

| インフォメーション | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
スマホ版へ
スマホ版
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM